健康

花粉症から解放される根本的な治し方とレモンの活用法

  • 眼球を今すぐ取り出して洗いたい
  • 洗濯物はすべて室内干し
  • 勝手に換気しないで
  • 保湿ティッシュ最高
  • 発症者にはようこそ〜(地獄へ)と思う

おそらくこの記事にたどり着いた方は、花粉症に相当な悩みと苦しみを抱えていると思います。
そして、非花粉症者のお気楽な発言と行動に怒り、花粉症者仲間とその理不尽さについて嘆きまくっているでしょう。わかります。私もそうでしたから。

ここに書かれていることは皆様の知識とは少し違うかもしれません。
私は医者でも学者でもなくレモン農家です。
研究室や病院からではなく、いちばん地球に近いところで命を観察し、本質を探求し、実践した結果、多くの花粉症の方からたくさんの感謝の言葉をいただいてきました。
そして周りの近しい人から一人も花粉症がいなくなりました。

5~10分もあれば読める記事だと思います。
読まれた方が根本的な治癒に向かわれることを心から祈って、書いた記事となっています。

あなたを苦しめているのは花粉ではない

なぜ花粉症がおこるのかはもうご存知ですよね。
あなたの身体の免疫が花粉を異物だとみなして攻撃し、体内に排出しようとするからです。
鼻水、くしゃみ、目のかゆみ。
日常生活がままならない苦しみに襲われます。

物理的に花粉をブロックするために、マスク、メガネ、目薬は必需品。
苦しみを減らすために高機能でお高めのものを買うので出費もばかにならないはずです。
なんで私だけ。。
花粉症ではない家族、友人、同僚のお気楽な言動に殺意さえ芽生えます。
春のスギ、その後のヒノキ、北海道ではシラカバ。
秋にはイネ科のカモガヤ、雑草のヨモギ、ブタクサ、キクまでも!

でも。
花粉症って花粉が原因ではないって知っていましたか?
???

犯人は花粉に付着した化学的な毒の微粒子なんです!
実際、花粉症で苦しんでいるのは杉の多い農村部より化学物質の多い都市部の方が圧倒的です。
自然界に存在しない化学物質が免疫を刺激して暴走させ、反応しなくてもいいものにまで反応させてしまう、つまり過剰反応=花粉症を引き起こしているのです。
狂っているのはあなたの免疫ではなく、入ってくる異物なんです。

「日本アレルギー協会会長の奥田氏が住民台帳をもとに行なった調査、杉並木で有名な日光の病院が3,000人以上を被験者にして行った地域的な調査、東京大学物療内科の動物実験でも、花粉のみでは花粉症は発症せず、微小粒子状物質(PM2.5)が加わると発生するとわかっています。」

花粉のみで人は花粉症を発症せず!

「リンパ球とかT細胞とかIgG抗体とか理論が知りたい人は論文とか調べてみてください。科学ジャーナリストの渡辺雄二氏の本も参考になります。とりあえず先に進みたい人はすっ飛ばしてOKです」

花粉ではなく化学物質!が腑に落ちると、今後の対策が大きく変わってきます。
だから根本的に治したい人はまずここ理解してください。

大丈夫ですか?
それでは花粉症の根本的対策をお伝えします。
大きく分けて3つです。

1「物理的ブロック」
花粉に付着した有害化学物質からできるだけ身を遠ざけること。
メガネ、マスク、洋服を払う、拭き掃除をする。
これはもうやってますよね。だからハショリます。

2「花粉に付着する以外の有害化学物質を身体に入れない」方法。
3「副作用なく身体をリペアする」方法は最後に紹介します。

自然界に存在しない物質を食べない、飲まない、触らない

とはいえ、原始時代ではないので一切の化学物質に触れないのはムリです。
そこにストレスを感じてしまうと別の問題になってしまうので、下のリストを参考にできることを少しづつやっていければいいと思います。

まずは

病院には行かないで!

最初からこれです。病院に行かないと薬もらえないじゃん、ですよ。でも次は

薬を飲まないで!

です。
理由を説明しますね。
病院がやっているのはすべて対症療法です。症状を一次的に抑えるものであって、根本治療にはなりません。むしろ本質的な治癒から遠ざかっていくものです。

そもそもくしゃみや鼻水は何のためのものでしょうか。
花粉症の症状は病気の症状ではなく、正当な身体の防御反応です。身体にとって有害だと考える異物が入ってくれば、身体は掃除の一環として鼻水やくしゃみとしてそれを追い出そうとします。
あなたの身体は正常に働いているのに、西洋医学はその行為を邪魔する役割を果たしており、結果的には免疫を下げていると言ってもおかしくないのです。

さらにお薬の問題。
病院に行けばたくさんの薬が処方されます。対症療法はとっても儲かるビジネスモデルです。
もしお手元にあったら見てみてください。ドラッグストアで買う薬も同じですが、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤が入っているはずです。
ステロイド剤や免疫抑制剤は依存症だけでなく感染症、ガン、糖尿病、骨粗鬆症、胃腸障害、腎障害などさまざまな悪影響をもたらすことが指摘、証明されています。
そしてあっという間に身体が耐性を獲得し、ステロイド依存を誘導します。
効かなくなったうえ、中毒になるのです。

抗ヒスタミン薬もさまざまな面で危険があります。
ヒスタミンはさまざまなレセプターを持つ物質ですが、精神系への影響が非常に強い物質でもあります。
その証拠がアレルギー薬を飲むと眠くなるというもの。この薬によってけいれん、錐体外路症状(すいたいがいろ)、うつ状態などを呈することは、薬害という観点からもよく見かけるものなのです。

病院も薬品メーカーもこぞって薬を飲ませようとしてきます。
ケミカルメディエーター、トロンボキサンA2なんちゃら、ロイコトリエン受容体なんちゃら。肥満細胞系とか自律神経系とか漢方系とか、あげるとキリがないですが調べなくていいです。
飲まなきゃいいのです。
なんで花粉症を一時的に抑えるために一生抱える重大な副作用のリスクを負わなきゃいけないの。です。
そもそも!そもそも薬は合成化学物質です。
思い出して!合成化学物質が原因の症状に合成化学物質をぶち込んでどうするの!ですよ。

だから病院と薬について自分で考えて、もう飲まないと判断していただきたいのです。

身近な合成化学物質を把握する

「殺虫剤、洗剤、漂白剤、柔軟剤、洋服、石油精製物質、強力な電気、電磁波、工業系有害物質、住宅系有害物質、大気汚染物質、人為的放射能など」
安いし便利すぎて当たり前のように使ってしまうけど、一歩引いて見てみたら、自然には存在しない、免疫にとっては排除すべき毒です。
簡単に買ったり使ったりしないで、あーこれは私の身体にとって敵なんだと理解してあげてください。探せばきっと今よりも身体に優しいものがあるし、無くても慣れるものも出てくるはずです。
お部屋やバッグの中を見渡して、あなたの身体の敵を把握してください。
そしてできる範囲から、調べたり試したり、行動を起こしてみてください。
確実に身体は応えてくれます。

最後は食事!食べたものであなたは出来ている

私は農家なので食べ物を作るのが仕事です。
でもこの業界も闇深いです。
語りたいことはたくさんありますが、別の場所にしてここでは大切なことだけを。

花粉症を良くするには毒を身体に入れないことと、解毒のプロセスが重要となります。
野菜は農薬や化学肥料を使っていないもの、肉はホルモン剤や抗生物質を使っていないもの、魚は天然で綺麗な海域で取れたものを食べてください。

そんなのわかってるよ
出来ればやってるよ
手に入らないしあっても高い

本当その通りです。

でもなんで化学物質が含まれない食べ物がないのでしょうか。
私は畑に一切ケミカルなものを持ち込まないフルオーガニック農法でレモンを育てています。
肥料食いと呼ばれるレモンは、何もあげない自然のままでは通常農家の4%しか収穫できません。動物性の肥料を使う有機農法でも、化学肥料と農薬を撒く通常農法の20%しか穫れません。
レモンに限らず、普通の野菜でも同じです。
それでは農家は生きていけないので、大量に作れる今の化学農法をやめられないのです。

だからといって、農家の都合であなたは自分と家族の健康を諦めますか?
食の危険性に対しては自分で調べない限り、必ず不健康になり不幸になります。
誰もあなたや家族を守りません。そんな時代です。
このブログ内でもお伝えしていきますが、書籍でもネットでも調べようと思えばすぐに調べられる時代です。選択権はあなたにあります。命を簡単に他人に委ねてはいけないです。

汚染されていない食べ物を食べ続けると、ビックリするくらい身体が変わってきます。
身体が変われば心も自然に軽くなっていきます。
今までが間違えだったことに必ず気づくことになります。
とはいえ、そこに至るまでは知識と勉強と、何より実感が必要です。

本当は全国にいる仲間の野菜や肉を食べて欲しいですが、とっかかりとしてスーパーにも増えてきた有機野菜コーナーを試してみてください。1品でも2品でも良いので続けてください。確実に身体は変わってくると思います。

スーパーでは物足りなくなったら、いよいよ自分にあった生産者を探す旅に出てください。ネットや食べチョクなどのアプリでも最近は見つけることができます。

さあもう一息、最後は解毒とリペアの方法です。

副作用なく身体をリペアする

リペアとは修理修復するという意味です。
私がレモン農家になってから、毎日レモンウォーターを飲むようになりました。
レモンを切って水に入れるだけ。香りもいいし美味しいし、家族で楽しんでいました。
そしてある日気付くんです。

「なんかみんなめっちゃ体調良くない?」

レモンのビタミンCとかクエン酸が身体に良いのは知ってましたよ。
でもアトピーで苦しんでいる家族や、それこそ花粉症という名前がない頃から花粉症だった家族の症状が明らかに軽くなっているんです。
それから夜な夜なレモンの栄養成分を調べ始めました。
外国の論文を翻訳したり、専門用語に四苦八苦してわかったことは、レモンの「皮」に凄い栄養があったという事でした。内容もそうですが、量的にもレモンの栄養の90%は「皮」にあったんです。

果物には大体のものにポリフェノールが含まれているのですが、レモンにはレモン特有のポリフェノールがあります。ちょっとカタカナ続いちゃうのですが、レモンポリフェノールの内訳は「ヘスペリジン」「エリオシトリン」「ナリンジン」です。
この中のヘスペリジンが、ステロイド並みにヒスタミンを抑制することが多くの研究で明らかになっていました。

「近畿大学薬学部の久保道徳教授による「アレルギー症状に強力な効果がある」、生命科学関連特許情報出願番号:2011102956 抗アレルギー剤、近畿大学薬学部創薬科 抗アレルギー作用ヘスペリジンなど」

しかも、一切の副作用もありません、という事も確認されていました。

捨ててますよねー、皮。
でも捨てて正解です。
??
いま、手に入るレモンはほとんどが輸入です。
表示義務があるので、スーパーに行ったら見てみてください。
OPP、TBZ、イマザリルって書いてあると思います。
これは発がん性物質です。アメリカでも使用を禁止されている農薬です。
しかも収穫後につけています。猛毒です。

定食屋や居酒屋でカットレモンやサワーにレモンが添えてあったら、絶対に口に入れないでください。中まで染み込んでいることも立証されています。私は触りもしません。
添え物のせいで、最悪死ぬことになります。

フルオーガニックレモンを3,000人に試した結果

本当に良いレモンが世の中に無いから、私はレモン農家になりました。
家族の回復を見て、私はレモンの皮の成分を摂ってもらう実験を1年半かけて3,000人以上に行いました。この辺の経緯はYouTubeにあるので興味ある方はご覧ください。

良いレモンの皮の栄養が、花粉症の劇的な対策になりえます。
先日実施した利用者アンケートでも「花粉症」への効果が圧倒的に最多でした。

500人アンケート発表!レモンポリフェノールの効果測定世界中のエビデンスで身体に良いことが証明されているレモンポリフェノール。実際、身体に取り入れている方々に何が起こったのか?実践者500人にアンケート調査した驚きの結果をご覧ください。花粉症、アトピー、高血圧、蕁麻疹などでお悩みの方は必見です。お役立てください。...

是非とも良いレモンを探して、ご自身の健康を取り戻し、たくさんの楽しい時間を過ごしてください。

もし見つからなかったら、私のレモンのHPを覗きに来てください。
花粉症の方には扱いやすいレモンポリフェノールパウダーをお試しいただきたいです。

「発症時期が遅くなっている」
「症状自体が軽くなった」
「劇的に改善した」などそれぞれ段階があるようですが、何らかの効果を実感されている方が多かったです。
「くしゃみ・鼻水が止まっている(普段100だとすると2〜5くらい)」という方もいらっしゃいました。

45g(2ヶ月分目安)2,800円

ご購入者には500人アンケートの結果をまとめた「トリセツ」を同封しています。

それではまとめになります。

これからの人生のQOL(生活の質)を決められるのはあなただけです。
どうか1日でも笑顔でいられますように。

 

ABOUT ME
Ocean Lemon
身体をリペア(修復)する食べ物として、ケミカルを一切含まないフルオーガニックのレモンを小田原で栽培し、タイガの森から生はちみつを輸入しています。家族全員のQOLを上げるリペアフードブランドです。